【<目的別>ウエスト引き締め編】TrNo 014 サイドプランク & ツイスト(2種目目)令和2年1月8日「夕刊フジ」モテる体をつくる『目指せ!艶男ボディ』バックナンバー

今週は「ウエスト引き締め編」2種目の「サイドプランク+ツイスト」を紹介します。

このトレーニングも、男女問わず美しく引き締まったウエストを作るには有効的です。

そもそも、プランクとは何かというと、腕と脚で体を支えて行う筋力トレーニングのことです。

プランクは英語で「板」という意味で、頭から脚先までを一直線にキープしている様子が「板」のように見えることから、そう呼称されるようになったのだと思います。

プランクトレーニングは体を支えながら自重によって必要最低限の負荷を与えられるので、トレーニング初心者の人でも安全かつ効率的に行うことができます。

しかし、実際にやってみると、これがけっこうキツいんです。見た目以上にしっかりと全身の筋肉が刺激されるので、いわゆる「使える筋肉」を複合的に付けるには、とてもいいトレーニングといえます。

なお、今回のトレーニング動画もYouTubeに随時アップしていきます。ぜひチャンネル登録をして、記事と併せてご覧いただき、実践してください。

動画はこちら

それでは、サイドプランク+ツイストを始めましょう。

まず、床に横向きで肘をつけます。

この時、肩の真下に肘を90度に保ちながら固定して、肘と脚以外の体全体を持ち上げます。

床についていない腕は、肘を軽く曲げた状態で真上にセットします。

これがスタートの姿勢です=写真①。

写真1

ここから、サイドプランクの姿勢を維持したまま、肘と上半身の間にできた空間に、上げている腕を通すように、体をひねっていきます=写真②。

写真2

次に、ひねった体をまた元の状態に戻すように、開いていきます=写真③。

写真3

この一連の流れは素早い動きではなく、ゆっくりとバランスコントロールしながら、体の軸ができるかぎりぶれないように行ってください。

呼吸はひねる時に吐き、戻す時に吸いましょう。これを左右15回行います。

次回はトレーニング記事をお休みして、艶男(ツヤダン)ボディを目指してチャレンジしている「りょう君企画」を取り上げます。

「艶男(ツヤダン)はオシャレも学ばないといけない」ということで、東京・青山にあるDORUMEIL(ドーメル)というお店に、オシャレなスーツと新作ダウンを先日見に行ってきたので、その様子を紹介したいと思います。

 

 

 

 

★プロフィール

田島寛規(たじま・ひろのり) Green Room Products 代表取締役。1975年、東京都生まれ。97年、日本体育大学卒業後、整骨院、病院勤務を経て独立。千葉県柏市の「Green Room柏の葉整骨院」を中心に、Green Room 整骨院グループ、トレーニングジム「T―REVO」やデイサービス「せかんどはうす」、東京・渋谷にパーソナルボディサロン「Natural Bone Technique」、北区にフランチャイズの「王子整骨院」などを展開。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です