【<目的別>ウエスト引き締め編】TrNo 014 サイドプランク & ツイスト(2種目目)令和2年1月8日「夕刊フジ」モテる体をつくる『目指せ!艶男ボディ』バックナンバー

今週は「ウエスト引き締め編」2種目の「サイドプランク+ツイスト」を紹介します。

このトレーニングも、男女問わず美しく引き締まったウエストを作るには有効的です。

そもそも、プランクとは何かというと、腕と脚で体を支えて行う筋力トレーニングのことです。

プランクは英語で「板」という意味で、頭から脚先までを一直線にキープしている様子が「板」のように見えることから、そう呼称されるようになったのだと思います。

プランクトレーニングは体を支えながら自重によって必要最低限の負荷を与えられるので、トレーニング初心者の人でも安全かつ効率的に行うことができます。

しかし、実際にやってみると、これがけっこうキツいんです。見た目以上にしっかりと全身の筋肉が刺激されるので、いわゆる「使える筋肉」を複合的に付けるには、とてもいいトレーニングといえます。

なお、今回のトレーニング動画もYouTubeに随時アップしていきます。ぜひチャンネル登録をして、記事と併せてご覧いただき、実践してください。

動画はこちら

それでは、サイドプランク+ツイストを始めましょう。

まず、床に横向きで肘をつけます。

この時、肩の真下に肘を90度に保ちながら固定して、肘と脚以外の体全体を持ち上げます。

床についていない腕は、肘を軽く曲げた状態で真上にセットします。

これがスタートの姿勢です=写真①。

写真1

ここから、サイドプランクの姿勢を維持したまま、肘と上半身の間にできた空間に、上げている腕を通すように、体をひねっていきます=写真②。

写真2

次に、ひねった体をまた元の状態に戻すように、開いていきます=写真③。

写真3

この一連の流れは素早い動きではなく、ゆっくりとバランスコントロールしながら、体の軸ができるかぎりぶれないように行ってください。

呼吸はひねる時に吐き、戻す時に吸いましょう。これを左右15回行います。

次回はトレーニング記事をお休みして、艶男(ツヤダン)ボディを目指してチャレンジしている「りょう君企画」を取り上げます。

「艶男(ツヤダン)はオシャレも学ばないといけない」ということで、東京・青山にあるDORUMEIL(ドーメル)というお店に、オシャレなスーツと新作ダウンを先日見に行ってきたので、その様子を紹介したいと思います。

 

 

 

 

★プロフィール

田島寛規(たじま・ひろのり) Green Room Products 代表取締役。1975年、東京都生まれ。97年、日本体育大学卒業後、整骨院、病院勤務を経て独立。千葉県柏市の「Green Room柏の葉整骨院」を中心に、Green Room 整骨院グループ、トレーニングジム「T―REVO」やデイサービス「せかんどはうす」、東京・渋谷にパーソナルボディサロン「Natural Bone Technique」、北区にフランチャイズの「王子整骨院」などを展開。

【<目的別>ウエスト引き締め編】Tr No.013 チューブ ツイスト ローイング(1種目目)令和1年12月25日「夕刊フジ」モテる体をつくる『目指せ!艶男ボディ』バックナンバー

今週から「ウエスト引き締め編」をテーマとして、4週にわたりトレーニングを紹介していきます。

ズボンやスカートを履いた時、贅肉がはみ出てウエスト部分に乗ってしまったなんてことはありませんか。

男性であれば脇腹がシャープでキレのある腹筋だったり、女性ですと「くびれ」といったウエストラインを作るには、体脂肪を減らすことも大切ですが、まずはしっかりと筋肉を鍛えることが不可欠です。

みなさんはお腹周りを引き締めるトレーニングと聞いて、どんな動きをイメージしますか? 誰もが思いつくのは「上体起こし」ではないでしょうか。

これさえ実行すれば脇腹にも効くはず、と思っている人は少なくないと思います。

もちろん、まったく効果がないというわけではありませんが、上体起こしなどは、お腹の真ん中にある表面の腹直筋しか刺激しません。

お腹周りをキレイに引き締めるのであれば、お腹の横にある腹斜筋にアプローチする必要があります。

今回から紹介するトレーニングは、この腹斜筋に刺激を与えるにはとても効果的です。

4週にわたって紹介するメニューの1つ1つをマスターしたら、最終的にそれぞれをサーキット形式で順番に1セットずつ行ってみてください。

男女ともに、メリハリのある美しいウエストラインを作るには最適なトレーニングです。

なお、今回のトレーニング動画もYouTubeに随時アップしていきます。記事と併せてご覧いただき、実践してください。

動画はこちら

チューブをお持ちでない人は、T-REVOのホームページからも購入できます。

それでは、1つ目の「チューブツイストローイング」を始めましょう。

まずは、チューブのハンドルに手を通し、チューブを手に一巻きしてつかみます=写真①。

画像1

次に、床に長座で座り、どちらか一方の片脚にチューブの先端を引っかけます。左右どちらでもやりやすい脚で結構です。姿勢を正し、肘を伸ばします=写真②。

写真2

そして左右に持ったチューブの片方を、体をひねりながら肘を後ろに向けてグッと引っ張ります。この時、上体は少し後ろに倒すことを意識してください=写真③。

写真3

同様に、逆のチューブも体をひねりながら、肘を後ろに引っ張ります=写真④。

写真4

呼吸は引く時に息を吐き、戻す時に吸います。この肘を引く動作を左右交互30回行います。

次回は2つ目のトレーニング、「サイドプランク+ツイスト」を紹介します。

 

 

 

★プロフィール

田島寛規(たじま・ひろのり) Green Room Products 代表取締役。1975年、東京都生まれ。97年、日本体育大学卒業後、整骨院、病院勤務を経て独立。千葉県柏市の「Green Room柏の葉整骨院」を中心に、Green Room 整骨院グループ、トレーニングジム「T―REVO」やデイサービス「せかんどはうす」、東京・渋谷にパーソナルボディサロン「Natural Bone Technique」、北区にフランチャイズの「王子整骨院」などを展開。

【<目的別>ぽっこりお腹撃退編①】Tr No010 ドローイン 脂肪撃退体幹トレーニング令和1年12月18日「夕刊フジ」モテる体をつくる『目指せ!艶男ボディ』バックナンバー

今週で脂肪撃退体幹トレーニング「ぽっこりお腹撃退編」パート1は終了です。今回は第4弾として「ドローインレッグアップ」を2つ紹介します。

ドローインレッグアップは、今話題の「腸腰筋」を同時に使うので下腹部をスッキリさせる効果があります。

また、歩行動作や階段登りのような時にも腹圧の安定と腸腰筋の合わせ技は欠かせないので、トレーニングとしてお勧めです。

食事制限をして体重は落ちたけど、見た目が…という人は多いと思います。それは、残念ながら筋肉量も落ちているからです。

見映えよく痩せると同時に、今回のトレーニングを取り入れ、カッコいい艶男(ツヤダン)ボディを手に入れましょう。

なお、今回のトレーニング動画もYouTubeに随時アップしていきます。記事と併せてご覧いただき、実践してください。

動画はこちら

それでは、ドローインレッグアップの1つ目からスタートしましょう。

まず、膝を立てた状態であお向けになります。そして、前回紹介したドローインの状態(腰と床の間に滑り込ませた手を、床に押し潰すように力を入れた状態)を作ります=写真①。

次に、膝の角度を90度に保ちながら、膝を胸方向へひきつけます。脚の力で持ち上げるのではなくお腹の力で脚を引っ張ってくるイメージです=写真②。

呼吸は引き上げるタイミングで吐いて、下ろすタイミングで吸いましょう。

ドローインの仕方がわからないとか、忘れてしまったという人は、動画で確認してから取り組んでください。

次に、もう1つのドローインレッグアップです。

これもあお向けに寝ますが、今度は膝を伸ばしてドローインを行います=写真③。

次に、お腹に力が入っていることを確認し、そのまま股関節から脚を真上に上げていきます。

これも脚の力で上げるのではなく、お腹の力で引っ張るようにしてください=写真④。

呼吸はゆっくり吐きながら上げて、吸いながら下ろしていきます。2種類とも左右交互に30回行いましょう。

ドローインを意識してインナーマッスルに刺激を与えながら、体幹部を固定しつつ大きく脚を動かすと、腹筋をかなり使っているのがわかると思います。

次回からは「ウエスト引き締め編」を4週にわたり紹介していきます。

 

 

★プロフィール

田島寛規(たじま・ひろのり) Green Room Products 代表取締役。1975年、東京都生まれ。97年、日本体育大学卒業後、整骨院、病院勤務を経て独立。千葉県柏市の「Green Room柏の葉整骨院」を中心に、Green Room 整骨院グループ、トレーニングジム「T―REVO」やデイサービス「せかんどはうす」、東京・渋谷にパーソナルボディサロン「Natural Bone Technique」、北区にフランチャイズの「王子整骨院」などを展開。

【<目的別>ぽっこりお腹撃退編①】Tr No009股関節ストレッチ 脂肪撃退体幹トレーニング令和1年12月11日「夕刊フジ」モテる体をつくる『目指せ!艶男ボディ』バックナンバー

今回も脂肪撃退体幹トレーニング「ぽっこりお腹撃退編」。その第3弾として「股関節ストレッチ」と「ドローイン」を紹介します。

股関節ストレッチにはさまざまな種類がありますが、今回はぽっこりお腹撃退に欠かせない下半身の代謝を促すうえで必須のストレッチを紹介します。

股関節をしっかりストレッチすると、骨盤が本来の状態に戻り、それだけでもぽっこりお腹の体型を改善する効果が期待できます。また、O脚改善や女性の美脚効果もあるので、ぜひ試してみてください。

ドローインは腹部のインナーマッスルである腹横筋というコルセットのような役割をする筋肉を鍛えます。

この部分がしっかりしていないと姿勢が崩れてしまうので、姿勢強化には最適なトレーニングです。

お腹をへこますために、上体起こしのような腹筋トレーニングをしている人も多いと思いますが、それでは腹直筋などのアウターマッスルを鍛えることになり、下腹部はすっきりしません。

ぽっこりお腹の解消には、ドローインで腹横筋を鍛える必要があるのです。

なお、今回のトレーニング動画もYouTubeに随時アップしていきます。記事と併せてご覧いただき、実践してください。

それでは、股関節のストレッチから始めましょう。まずはマットに膝をつけ、膝と膝の間をできるだけ広げます。

次に床の前方に肘をつけ、体をリラックスさせます=写真①。

写真1

その姿勢から、グッと股関節を後方に押し込みます=写真②。この動作を前後にゆっくりと行い、ストレッチをしてください。

2〜3回前後したあとに少しずつ膝の間を広げていくと、より可動域が広がります。この後方への押し込みを15回行いましょう。腰痛予防にも効果的ですよ。

次に、ドローインです。まず、マットや床などで仰向けになります。次に腰とマット(床)の間にできた空間に、左右の手を滑り込ませます=写真③。

その状態から思いっきり息を吸いながら、お腹を膨らませます。

そこから息をすべて吐き切りながら、腰とマット(床)の間に滑り込ませた両手を押し潰すようにお腹に力を入れ、へこませます=写真④。

この動作を10〜20回行います。

次回は「ドローインレッグアップ」を紹介します。

★プロフィール
田島寛規(たじま・ひろのり) Green Room Products 代表取締役。1975年、東京都生まれ。97年、日本体育大学卒業後、整骨院、病院勤務を経て独立。千葉県柏市の「Green Room柏の葉整骨院」を中心に、Green Room 整骨院グループ、トレーニングジム「T―REVO」やデイサービス「せかんどはうす」、東京・渋谷にパーソナルボディサロン「Natural Bone Technique」、北区にフランチャイズの「王子整骨院」などを展開。

【<目的別>ぽっこりお腹撃退編①】Tr No008股関節回し(外回し・内回し)脂肪撃退体幹トレーニング令和1年12月4日「夕刊フジ」モテる体をつくる『目指せ!艶男ボディ』バックナンバー

今週は脂肪撃退体幹トレーニング「ぽっこりお腹撃退編」の第2弾として「股関節回し(外回し・内回し)」を紹介します。

股関節は体の中で最も大きな関節であり、上半身を支え、下半身の動きを司ります。

歩行や座る動作などで必ず使う最も重要な部位ですが、運動不足などが原因で股関節が硬くなり、動く範囲(可動域)が狭くなると、血液の巡りが悪くなり、体の冷えなどの原因になります。

また、体に歪みができ、姿勢不良で肩こりや腰痛を引き起こします。

さらに、内臓の働きが悪くなることで基礎代謝が落ち、太りやすい体になってしまったり、さまざまな体調不良にもつながる可能性があります。

今回の「股関節回し」でインナーマッスルを刺激して、血流やリンパ液の流れを改善し、老廃物を排出させ、脂肪が溜まりにくい体に仕上げましょう。

なお、今回のトレーニングもYouTube動画に随時アップしていきます。記事と併せてご覧いただき、実践してください。

動画はこちら

まずは四つんばいになり、肩の真下に手、股関節の真下に膝がくるように基本姿勢をとります。

横から見て、耳・肩・骨盤が一直線になるような姿勢を保つことが大事なので、必ずチェックしてください=写真①。

では、外回しからスタート。片脚を大きく後ろ上方の遠くに伸ばします=写真②。

次に脚の付け根を意識して外側に大きく回します。この時、お尻に力を入れてから回し始めると大きく回せます=写真③。

そして外側から回してきた脚を内側に引き付けます=写真④。

そのまま脚は下ろさずに、改めて大きく脚を後ろ上方の遠くに伸ばします。

下半身を大きく回すことをつねに意識しながら、左右各10回から15回を目安に行いましょう。

内回しは外回しと逆の動きになります。

外回しのときの大事なポイントを確認しつつ、写真④→③→②の順で、同じく左右各10回から15回ほど行ってください。ぽっこりお腹撃退にはかなり効果的ですよ。

 

★プロフィール

田島寛規(たじま・ひろのり) Green Room Products 代表取締役。1975年、東京都生まれ。

97年、日本体育大学卒業後、整骨院、病院勤務を経て独立。千葉県柏市の「Green Room柏の葉整骨院」を中心に、Green Room 整骨院グループ、トレーニングジム「T―REVO」やデイサービス「せかんどはうす」、東京・渋谷にパーソナルボディサロン「Natural Bone Technique」、北区にフランチャイズの「王子整骨院」などを展開。

 

 

【<目的別>ぽっこりお腹撃退編①】Tr No007キャット&ドッグ 脂肪撃退体幹トレーニング 令和1年11月27日「夕刊フジ」モテる体をつくる『目指せ!艶男ボディ』バックナンバー

今週からは目的別のトレーニングを4週にわたり連載していきます。

まず第1弾として、いくつかのトレーニングを組み合わせたワークアウト「脂肪撃退体幹トレーニング」を紹介します。

今回は「ぽっこりお腹撃退」編ですが、腰痛予防や姿勢改善にも効果的なトレーニングなので、男女を問わず、ぜひ試してみてください。

なお、今回のトレーニングもYouTube動画にナンバーを付け、【トレーニング編】で一つ一つのトレーニングは随時アップしていきます。

また、全体通しての流れは【目的別トレーニング編】として配信しますので、記事と併せてご覧いただき、実践してください。

動画はこちら

まず、トレーニングを始める前に、「モビリティ=動き」と「スタビリティー=安定」について説明しましょう。

人の体の機能には、動くべきパーツと動いてはいけない(安定)パーツがあるのをご存じですか。

肩や胸、股関節や膝、足首などは十分動かさなければならないパーツです。しかし、すべての体の部位が動いてしまうと、軟体動物のようにクネクネしてしまいます。

つまり、安定があって初めて可動があるわけです。

スタビリティー=安定をさせなければならないパーツのひとつが、まさにお腹周りです。

今回からのトレーニングに共通することとして、必ず「お腹に力が入っているか?」を常に意識してください。ここが大事なポイントになります。

ぽっこりお腹の原因は腹筋や腰の筋肉が弱かったり硬くなっていることです。

股関節を中心に体の各パーツが十分に動かず、ぽっこりお腹を助長していることも多いのです。

撃退法の1つとして脂肪を燃やしていくことは大事なことですが、安定した軸(お腹)と股関節などの関節の柔軟性を高めるだけで、骨盤が本来あるべき理想の姿勢となり、体型は大きく変わってきます。

では、1つめのTr No.007「キャット&ドッグ」を紹介しましょう。

腹筋や背筋の急激なトレーニングは腰痛やケガの原因にもつながります。「キャット&ドッグ」で、まずは体のウオ―ミングアップを行ってから、安全・効果的に実施していきます。

肩の下に手、膝はお尻の下に置いて四つん這いの姿勢になります=写真①。そのまま息を吸って背骨を反らせます。

胸を張り、肩甲骨をしっかりと寄せる意識です=同②③。

次に、息を吐いて背骨を丸めます。

目線はおへそにし、丸めたときはお腹を最大限までへこませ、大きく呼吸します=同④。

背骨を1つ1つ順番に動かすようなイメージで、呼吸に合わせてしなやかにゆっくり動かしましょう。

次回は2つ目の「股関節回し」を紹介します。

★プロフィール
田島寛規(たじま・ひろのり) Green Room Products 代表取締役。1975年、東京都生まれ。

97年、日本体育大学卒業後、整骨院、病院勤務を経て独立。

千葉県柏市の「Green Room柏の葉整骨院」を中心に、Green Room 整骨院グループ、トレーニングジム「T―REVO」やデイサービス「せかんどはうす」、東京・渋谷にパーソナルボディサロン「Natural Bone Technique」、北区にフランチャイズの「王子整骨院」などを展開。

【チューブトレーニング 背中編 Tr No.006】令和1年11月20日「夕刊フジ」モテる体をつくる『目指せ!艶男ボディ』バックナンバー

今週も引き続きチューブトレーニング【背中】編です。今回紹介する「チューブローイング」は、男性にとっては大きな背中や胸の厚みを作るのに有効なトレーニングです。

女性の場合は猫背などの姿勢矯正に効果的です。ただ、背中のトレーニングは気を付けて行わないとフォームが少しずつ崩れてきます。

正しいフォームを意識して、効率よくトレーニングしていきましょう。

まずはチューブのハンドルに腕を通してチューブをつかみ、そのつかんだ部分を短めに手に1〜2回巻き付けます(写真1)

チューブローイング_1

次に腰幅程度に足を開き、チューブを踏みます(写真2)

チューブローイング_2
写真2

お辞儀するように上体を90度に曲げ、軽く膝を曲げた状態を作りましょう。背筋を伸ばし、目線をやや前方へ向けチューブを肩幅の位置でしっかり握ります(写真3)

チューブローイング_3
写真3

チューブを腹部(ヘソ)に向け、息を吐きながら3秒かけて引き上げます(写真4)

チューブローイング_4
写真4

引き上げる時は、前回のシーテッド・ローと同様に、肘がしっかりと体の外(背後)に位置するまで肩甲骨を寄せるイメージでしっかりと引き上げるのがポイントです。

最後に息を吸いながら、ゆっくりとコントロールして、3秒かけてスタートポジションに戻します。チューブを手に巻きつける回数は、20回引き上げるのがキツイくらいで調整してください。

これを20回ずつ3セット、1分間の休憩を挟みながら行います。週2回10分間から始めてみましょう。チューブをお持ちでない人は、T-REVOのサイトからも購入できます。

今回の「チューブローイング」はYouTube動画の「Tr No.006」です。ここで正しいフォームを視聴しながら実践してください。動画はこちら。

今回の動画では、この「目指せ!艶男(ツヤダン)ボディ」企画に挑戦者が現れ、トレーニングに励んでいる様子も配信しています。トレーニングを上手に継続していく方法として、トレーニングパートナーを作ることも1つの大きなモチベーションとなります。

「あの人が頑張っているから、自分もやらなきゃ」とライバル意欲が出るものです。今回の挑戦者が徐々に変化していく過程を見て、ご自身のモチベーションアップにつなげてください。

次回はチューブトレーニングをお休みして、自重による「脂肪撃退体幹トレーニング」を紹介します。

 

★プロフィール

田島寛規(たじま・ひろのり) Green Room Products 代表取締役。1975年、東京都生まれ。97年、日本体育大学卒業後、整骨院、病院勤務を経て独立。千葉県柏市の「Green Room柏の葉整骨院」を中心に、Green Room 整骨院グループ、トレーニングジム「T―REVO」やデイサービス「せかんどはうす」、東京・渋谷にパーソナルボディサロン「Natural Bone Technique」、北区にフランチャイズの「王子整骨院」などを展開。

【チューブトレーニング 背中編 Tr No.005】令和1年11月13日「夕刊フジ」モテる体をつくる『目指せ!艶男ボディ』バックナンバー

みなさん、チューブトレーニングしていますか。今週紹介する「シーテッド・ロー」は男女問わず、姿勢をシャキっときれいに見せるのに効果的です。

背筋がきれいな人は、見た目がステキですよね。シャツを羽織った後ろ姿も絵になります。

特に男性は背中の筋肉をしっかりと強化することで、体の厚みが増し、男らしい大きな背中を作ることができます。

まずは長座(足を伸ばした姿勢)で座ります。次にハンドルの輪に手を通し、チューブを直接つかみます。この時、20回引き上げるとキツイくらいの長さで持つ部分を調整してください(写真1)。

シーテッド・ロー_1
写真1

膝をやや曲げ、上体はやや前傾姿勢で保持し、足裏にチューブの中心を固定してひっかけます(写真2)。

シーテッド・ロー_3
写真2

チューブのハンドルをおなかにめがけて、息を吐きながら3秒かけて引きます(写真3)。

シーテッド・ロー_3
写真3

チューブの引力に引っ張られないように、ゆっくりと3秒かけてスタートポジションに戻します。

ハンドルを引く時には脇を締め、引いた時に肘がしっかり体の外(背後)に位置するまで、上体をまっすぐにして背中がしっかりと反る(肩甲骨を寄せる)ようにしてください(写真4)。

シーテッド・ロー_4
写真4

これを20回ずつ3セット、1分間の休憩を挟みながら行います。週2回10分間から始めてみましょう。

チューブをお持ちでない人は、T-REVOのサイトからも購入できます。

強い負荷をかけた方が筋力が上がると思い、負荷のかけ過ぎで正しいフォームを崩してしまっている人をよく見かけます。しかし、これではせっかくのトレーニング効果が落ちてしまいます。

どのトレーニングにも言えることですが、まずは正しいフォームで行うことがポイントです。負荷を少し落としてでも、その方が効果は確実に上がります。

今回の「シーテッド・ロー」はYouTube動画の「Tr No.005」ですので、記事を読んだ後にそちらで正しいフォームを視聴しながら実践してください。

動画はこちら。

次回もチューブトレーニング【背中】編を紹介します。

目指せ、艶男(ツヤダン)動画をYouTubeに公開しました。当欄で紹介するトレーニング動画などを随時アップしていきます。ぜひチャンネル登録してください。

 

★プロフィール

田島寛規(たじま・ひろのり) Green Room Products 代表取締役。1975年、東京都生まれ。97年、日本体育大学卒業後、整骨院、病院勤務を経て独立。千葉県柏市の「Green Room柏の葉整骨院」を中心に、Green Room 整骨院グループ、トレーニングジム「T―REVO」やデイサービス「せかんどはうす」、東京・渋谷にパーソナルボディサロン「Natural Bone Technique」、北区にフランチャイズの「王子整骨院」などを展開。

【チューブトレーニング 肩〜腕編 Tr No.004】令和1年11月6日「夕刊フジ」モテる体をつくる『目指せ!艶男ボディ』バックナンバー

今週紹介するチューブトレーニング「サイドレイズ」は、継続することで肩幅が広く見えて、小顔に見せる効果があります。

どのトレーニングにも言えますが、肩幅が広くなるからといって、すぐにムキムキな筋肉質になってしまうわけではないので、女性の方も安心して取り組んでみてください。

今回のサイドレイズ動画は「Tr No.004」です。記事を読んだ後にYouTubeの動画も併せてご覧ください。動画はこちら。

まずはチューブを肩幅で踏んで固定します(写真①)。

足幅を広くして踏むと、引き上げる時の強度が増し、狭くして踏めば強度は弱くなります。15回引き上げるとキツいくらいの踏み一で調整してください。

サイドレイズ_1
写真1

持ち手(グリップ)は手のひらを下に向けて握ります。まっすぐに立ってグリップを持ち、気をつけの姿勢になります(写真2)。

サイドレイズ_2
写真2

息を吐きながら、チューブを体側から真横に肩の高さまで一気に広げるように約1秒で引っ張り上げます(写真3)。

サイドレイズ_3
写真3

その後3秒かけて、ゆっくり粘りながら元の位置に戻します。
腕を真横に引き上げる時は、肘を少しだけ曲げて、小指側から引き上げることを意識すると効果的です(写真4)

サイドレイズ_4
写真4

これを15回ずつ3セット、1分間の休憩を挟みながら行います。

まずは、週2回10分間から始めてみましょう。チューブをお持ちでない人は、T-REVOのサイトからも購入できます。

少しずつでもいいので継続的にやり続けることで、必ず体に変化が現われてきます。そうすると自然と基礎代謝が上がるので、モチベーションも変わってきます。

すぐに変化が現れないからと諦めず、無理せず続けてみてください。年齢を問わず、誰もが持続可能なトレーニングを始めて、これからの人生を豊かにしましょう。

次回はチューブトレーニング【背中】編を紹介します。

(別項)
「目指せ、艶男(ツヤダン)」動画をYouTubeで公開中。当欄で紹介するトレーニング動画などを随時アップしています。ぜひチャンネル登録してください。

★プロフィール
田島寛規(たじま・ひろのり) Green Room Products 代表取締役。1975年、東京都生まれ。97年、日本体育大学卒業後、整骨院、病院勤務を経て独立。千葉県柏市の「Green Room柏の葉整骨院」を中心に、Green Room 整骨院グループ、トレーニングジム「T―REVO」やデイサービス「せかんどはうす」、東京・渋谷にパーソナルボディサロン「Natural Bone Technique」、北区にフランチャイズの「王子整骨院」などを展開。

【チューブトレーニング 腕編 Tr No.003】令和1年10月30日「夕刊フジ」モテる体をつくる『目指せ!艶男ボディ』バックナンバー

今週はチューブトレーニング、「アームカール」を紹介します。このトレーニングは男らしい腕の力こぶを作るのに効果的です。

一方、女性は腕を細くする効果が期待できます。

今回から、掲載したトレーニングを番号付けしてYouTubeに動画をアップしています。今回のアームカールは「Tr No.003」ですので、記事を読んだ後に動画もご覧ください。動画はこちら。

①まず、チューブを踏んで固定します=写真1。

足幅を広くして踏むと、引き上げる時の強度が増し、狭くして踏めば強度は弱くなります。踏む位置は引き上げを20回行うのがキツいくらいで調整してください。

アームカール_1
写真1

持ち手(グリップ)は手のひらを上に向けて握ります。この時、腕を伸ばしたまま、少し体の前に出した状態で固定しましょう(写真2)

アームカール_2
写真2

③肘の位置が下がらないよう固定しつつ肘を起点にして2秒かけて曲げます(写真3)

アームカール_3
写真3

④肘の位置を固定した状態で、3秒かけて戻します(写真4)

アームカール_4
写真4

肘を曲げたり伸ばしたりする時は、肘の位置を常に固定してください。

また、小指側から上げていく意識で肘を曲げると、筋肉アップの効果が表れます。これを20回ずつ3セット、1分間の休憩を挟みながら行います。

まずは、週2回10分間から始めてみましょう。チューブをお持ちでない人は、T−REVOのサイトからも購入できます。

トレーニングは必ず、やっただけの結果が自分に返ってきます。しかも、そこで手に入れた「艶男(ツヤダン)ボディ」は、健康面や仕事の充実など何かしらの好影響を与えてくれます。自分と真剣に向き合って、まずは行動しましょう。

次回もチューブトレーニング【肩〜腕】編を紹介します。

 

(別項)

当欄で紹介するトレーニング動画などをYouTubeに随時アップしています。ぜひチャンネル登録してください。

★プロフィール

田島寛規(たじま・ひろのり) Green Room Products 代表取締役。1975年、東京都生まれ。97年、日本体育大学卒業後、整骨院、病院勤務を経て独立。千葉県柏市の「Green Room柏の葉整骨院」を中心に、Green Room 整骨院グループ、トレーニングジム「T―REVO」やデイサービス「せかんどはうす」、東京・渋谷にパーソナルボディサロン「Natural Bone Technique」、北区にフランチャイズの「王子整骨院」などを展開。