【チューブトレーニング 背中編 Tr No.006】令和1年11月20日「夕刊フジ」モテる体をつくる『目指せ!艶男ボディ』バックナンバー

今週も引き続きチューブトレーニング【背中】編です。今回紹介する「チューブローイング」は、男性にとっては大きな背中や胸の厚みを作るのに有効なトレーニングです。

女性の場合は猫背などの姿勢矯正に効果的です。ただ、背中のトレーニングは気を付けて行わないとフォームが少しずつ崩れてきます。

正しいフォームを意識して、効率よくトレーニングしていきましょう。

まずはチューブのハンドルに腕を通してチューブをつかみ、そのつかんだ部分を短めに手に1〜2回巻き付けます(写真1)

チューブローイング_1

次に腰幅程度に足を開き、チューブを踏みます(写真2)

チューブローイング_2
写真2

お辞儀するように上体を90度に曲げ、軽く膝を曲げた状態を作りましょう。背筋を伸ばし、目線をやや前方へ向けチューブを肩幅の位置でしっかり握ります(写真3)

チューブローイング_3
写真3

チューブを腹部(ヘソ)に向け、息を吐きながら3秒かけて引き上げます(写真4)

チューブローイング_4
写真4

引き上げる時は、前回のシーテッド・ローと同様に、肘がしっかりと体の外(背後)に位置するまで肩甲骨を寄せるイメージでしっかりと引き上げるのがポイントです。

最後に息を吸いながら、ゆっくりとコントロールして、3秒かけてスタートポジションに戻します。チューブを手に巻きつける回数は、20回引き上げるのがキツイくらいで調整してください。

これを20回ずつ3セット、1分間の休憩を挟みながら行います。週2回10分間から始めてみましょう。チューブをお持ちでない人は、T-REVOのサイトからも購入できます。

今回の「チューブローイング」はYouTube動画の「Tr No.006」です。ここで正しいフォームを視聴しながら実践してください。動画はこちら。

今回の動画では、この「目指せ!艶男(ツヤダン)ボディ」企画に挑戦者が現れ、トレーニングに励んでいる様子も配信しています。トレーニングを上手に継続していく方法として、トレーニングパートナーを作ることも1つの大きなモチベーションとなります。

「あの人が頑張っているから、自分もやらなきゃ」とライバル意欲が出るものです。今回の挑戦者が徐々に変化していく過程を見て、ご自身のモチベーションアップにつなげてください。

次回はチューブトレーニングをお休みして、自重による「脂肪撃退体幹トレーニング」を紹介します。

 

★プロフィール

田島寛規(たじま・ひろのり) Green Room Products 代表取締役。1975年、東京都生まれ。97年、日本体育大学卒業後、整骨院、病院勤務を経て独立。千葉県柏市の「Green Room柏の葉整骨院」を中心に、Green Room 整骨院グループ、トレーニングジム「T―REVO」やデイサービス「せかんどはうす」、東京・渋谷にパーソナルボディサロン「Natural Bone Technique」、北区にフランチャイズの「王子整骨院」などを展開。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です